賃貸物件のコウモリ駆除

賃貸住宅に住んでいるという場合にコウモリの被害に気がついた時には、コウモリ駆除を行うことが必要となります。しかし、居住者が直接業者を探し、駆除を行うと費用を負担しなければならなくなったり、トラブルの原因となってしまう可能性があります。そこで、コウモリ駆除を行うという場合には、自身で業者に依頼するよりも、賃貸住宅の管理会社や大家さんに連絡をすることをおすすめします。

管理会社や大家さんにコウモリの被害についてやコウモリの存在について相談をすると、管理会社や大家さんが業者に駆除を依頼してくれる事があります。



コウモリは、鳥獣保護法で保護されている生き物ですので、勝手に駆除してしまうと、罰則に処せられる可能性があります。


被害があったとしても勝手に駆除するということだけは避けるようにしましょう。

ガジェット通信ならこちらが人気です。

ただし、行うことが出来る方法もあります。

それが、忌避スプレーなどを使用する方法です。

これは、コウモリを棲みついている場所から追い払うということを目的としており、効果は長くは続きませんが、コウモリが出払っている間に侵入口を塞ぐという方法で駆除するというものです。
賃貸住宅の場合、コウモリの巣がある箇所が地面から離れていることもあり、コウモリ駆除に危険が伴う可能性もあります。



安全に確実にコウモリの駆除を依頼したいという場合には、専門の業者に依頼するということが重要になるでしょう。


まずは、大家さんなどに相談をしましょう。