「追い払う」が最適?ベストなカラス撃退法

カアカアと大きな声で鳴いたり、ゴミ袋を破って食い散らかしたり、ベランダに造巣したりと常習化するとやっかいなカラス被害。



しかし、ネズミやゴキブリといった害獣・害虫と比べ、カラス撃退は少し難度が高いです。

その理由に、カラスが野生動物であることが挙げられます。


日本の野生動物は、鳥獣保護法という法案で守られており、自治体の許可なく捕獲・殺傷することはできません。
そのため、カラス撃退といってもできる施策は「追い払う」の一点のみ。しかし、カラスを追い払うことは日々の工夫でできるものばかりです。


基本的に、カラスの天敵は人間であり、恐れるべき対象です。稀に、巣にヒナがいる場合攻撃的になりますが、実際にはつつかずに頭上まで接近して引き返す「おどし飛行」を行うだけです。

巣となっている木をみかけたら、帽子や傘などで自衛しましょう。
まず、巣となりやすいベランダです。

nanapiの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

ハンガーなど巣材にしやすいものが散乱していたり、レジャー道具置き場になっていて隠れやすくしているとNGです。きちんと片付けて標的になりにくいように整えましょう。一度追い払っても、しばらくたつと飛来するため、根気よく姿を見せて追い払う必要があります。次に標的になりやすいゴミ捨て場。



これは自治体との協力も必要となりますが、ゴミ袋を半透明のものにすること、専用の網を設置することが大切。カラスは視覚によってエサを判別しているため、中身が見えないと寄ってきません。


しかし賢いカラスのこと、最初のうちは以前の習慣で荒らしにやってきます。


ここも根気よく追い払ったり、専用の網を使用することで徐々にカラス撃退が可能となります。

透明で光沢のあるテグス(釣りに使うもの)を嫌がる傾向にあるため、罠とみせかけたダミーとして設置するだけでも有効です。

また、全般的に光も嫌がる傾向にあるため、いらなくなったCDを吊るすのも効果的。